So-net無料ブログ作成

能郷白山 [山行2007年前半]

2月12日 能郷谷第二堰堤付近6:00出発
単独    雪は降ったり止んだり、吹雪になったりガスでホワイトアウト寸前になったり
       とにかくコロコロ変わる。天気予報とはずいぶん違う、あまり荒れる様なら
       早いところ撤退を決めないとなぁ・・・。


 1510m前山付近で一服、登ってきた尾根を振り返る
 このあたりでもスノーシューを外せば容赦なくマタまで嵌る


9:30強烈な吹雪となり風裏に逃げ込む。
ホットココアを作って休んでいると太陽が顔を出した。
10:00行動再開


稜線最低鞍部を目指して進む。
正面に見えるはずの能郷白山はまだ厚い雲の中。
振り返れば前山付近の樹氷帯が素晴らしい。


樹氷はやっぱり青空が似合う、この日貴重な青空だった。
青空を見るとモチベーションも上がる。
上段スノーシューのある写真と樹を比べて見てください。
わずか30分ほどの吹雪がこんなに樹氷を成長させました。


ブナに絡んだツタも造形美に一役


最低鞍部が近づくにつれ 妙な盛り上がりの雪が出現。
踏み込むと表面4,50cmがザラザラと崩れて凍った旧雪面が現れる。
見た目は綺麗だが歩くには不気味・・・


更に雪深くなり、スノーシューでも膝がすっぽり埋まってしまう。
11:00また天気が怪しくなって来たので登頂を断念、昼食を摂って12:00下山開始。

僕のトレースを追って来たワカン単独行の方も この状況にあっさり下山同意。
山の話をしながらあっというまに車着。14:30


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。