So-net無料ブログ作成

山行 幻想原生林、ブロッケンの妖怪@白山 2007年7月23日 [山行2007年後半]

山行 幻想原生林、ブロッケンの妖怪@白山 2007年7月23日 単独 岐阜県大野郡白川村平瀬登山口(1250m)~白山弥陀ヶ原 (2400m)

12:00平瀬登山口発~14:20大倉山避難小屋~16:15白山弥陀ヶ原末端(2400m)到着即Uターン~18:35平瀬登山口着 

 

7月22日深夜、別山を目指すため濃い霧と小雨の福井県大野市上小池登山口に到着。翌朝の晴れを願いつつ就寝。

7月23日夜明けも雨、空模様を眺めながら待機。一向に晴れる気配のない中、夜明け到着組が準備してはぞくぞくと旅立って行く、30数名を見送り駐車場には夜中の静寂が戻った。どうしたものか?準備は出来ている、後は歩き出すのみなのだがどうにも気がすすまない。7:30まで待ったが天気は変わりそうに無い、残念だが今日は帰宅しよう。

九頭竜湖を過ぎ油坂峠にさしかかると空が明るくなって来た。車を止めてしばらく雲の動きを眺めると、どうやら白山の岐阜県側は回復の兆しがあるように見えた。今から大白川かぁ・・・頑張っても山頂は無理だろうなぁ・・・それでもこのまま帰宅するのは惜しい、僅かな期待を抱いて大白川に向かう。

 

大白川まで移動したものの、濃い霧が絶えず上がってきて1000mよりうえは雲の中。やっぱり天気を読み違えたかな?しかしここまで来たら登るしかないでしょう!雨が降ってないだけマシです、山行の間隔もあいてしまったし、リハビリのつもりで歩いてくればいいじゃん!

12:00平瀬登山口出発

 

歩き始めてすぐに汗と霧で長袖Tシャツはずくずく、超透湿性加工かなんかしてあるらしいけど この状況では何を着たって同じですね、定期的にシャツを絞りたいくらい^^;

シャツびちょびちょは辛いけど、この幻想的な原生林は凄いです~!霧の山歩きもええもんですねぇ。

ただ、たまに霧がすごく濃くなりホワイトアウトに近い状態になったりするんです。そんな時に景色を凝視しているとなんだか船酔いにかかったような・・・ちょっとクラクラしてきます。そしてお約束のバテが来ましたね、しばらく山歩きしてなかったつけが全身を疲労の極致へ・・・@@;

へろへろになりながらもなんとか14:20大倉山避難小屋を通過。すると・・・ おお!な!なんと!待望の青空が!

これで一気に登る気力が湧いてきましたよ!おお!ニッコウキスゲさんも咲いていらっしゃいます♪

カンクラ雪渓が見えたところで霧が晴れて行きそうな気配、しばらくシャッターチャンスを待ってパチリ!

2400m地点から北アルプス方面、 雲海と白水湖から上がってくるガスしかみえません^^;

16:15 日没までに戻るならここらが限界ですね、大休止ナシで即Uターンです。

 

帰り道、青空と霧のはざまで見た景色、ダケカンバのうねりと霧がエエ感じでした。

そそくさと大倉山に向かって降りて行くと、なんだか足元の霧に妙なヤツが・・・なんや君は?

僕が手を広げると彼も広がります ・・・って、これ自分の影やんか!

ひょっとしてこれがかの有名な「ブロッケンの妖怪」ってヤツですかね?

 

カメラを右手に持ってますが、肘を突き出してみると両手を広げてる様に見えますね。

おもしろ~い!しかも仏さんみたいに二重の光輪付きです。

確かに今日のバテ具合は一歩仏さんに近づいて いたかもね ^^;;; おぃ

 

思わぬ道草を食ってしまいましたが18:35 無事平瀬登山口に到着。

雨で断念した山行から一転、おもしろい山歩きができた事に感謝しつつ156号をまったり走り帰宅。



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。