So-net無料ブログ作成

初雪、紅葉の立山 10月15日室堂~雄山 [山行2007年後半]

紅葉見物に夫婦で立山に行ってきました。

美女平から高原バスで室堂に向かいます。

道中車窓から見る鍬崎山方面や薬師岳方面の紅葉した大地が綺麗でした。なかでも天狗平周辺から鍬崎山を振り返った景色は美しさと長大なスケールを兼ね備えた景観でした。いつの日かじっくり歩いてみたい行程ですね^^

室堂(2418m)に着くとこれまた 北に広がる大日岳山麓が素晴らしい!

初雪が乗った這松地帯には朝日に照らされてキラキラと光る部分があり、赤、黄、緑、銀などが織り成す錦秋の景色広がっています。

日がしばらく当たれば、銀色に輝く部分は消え去る事でしょう。

自然が造ったつかの間の景色にかみさんも感嘆の声を上げていました。

 

さて、今日はかみさん同伴なので無理はできませんね。

雄山(3003m)登頂はきっと無理だと思いますが、じっとしていると寒いので一ノ越に向かってボチボチ歩きます。

散歩がてら黒部側の景色も見られたらいいなぁ。

一ノ越に向かう道中では、あちらこちらに氷の花が咲いてました。

直射日光が10分も当たれば消えてしまう事でしょう、つかの間の花見です。

超スローペースで一ノ越に到着、残念ながらガスで黒部側の展望はありません。

とりあえず室堂側を眺めながら休憩しますが、寒いのであまりじっとしている事ができません。室堂に戻るか?雄山に登るか?どちらにしても身体を動かしてないと凍えます。

ここからはガレた登山道、雪が乗っていたら危ないので引き返すつもりでしたが、滑るほどの積雪ではありません。どうする?後から来た年配の観光客がどんどん上がって行く様子を見て、かみさんも登る気になったようです。

ガスで視界が悪くなる事もしばしば。僕は今回の山行では登頂にはあまり興味がなく、いつでも引き返すつもりでいたんですがね、かみさんの中では登り出すと”ここまで来たからには”という気持ちが膨らむんでしょうねぇ、予想外に頑張ります^^

途中で湯を沸かしカップラーメンを食べたりしてのんびり登ります。

着雪が融けぬ雄山(3003m)到着、かみさんに立山の最高峰はもう少し先の大汝山(3015m)だよと言うと、「もうエエわ!限界!」と一蹴されました ごもっとも^^;

でも本当によく頑張りました アンタはエライ^^!

立ち止まると さむ~! 御参りしたら早速下山です。

 

一ノ越近くまで戻ってくると ちょっとだけガスが切れて黒部ダムが見えました。どっかで見たような景色だなぁ・・・う~ん 河童橋から見上げた岳沢に似てるかも?目線が違うけど似てますね。

室堂まで戻ると随分暖かいですねぇ と言っても5℃くらいでしょう、防寒対策に持って行ったフリース、カッパ、手袋が大活躍した一日でした。(使い捨てカイロは持って行ったけれど使わなかった)

ガスガスの美女平を後にします、帰りも満員のケーブルカーで立山駅。

お疲れ様でした^^!

 

 

 


トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。