So-net無料ブログ作成

マーク ストランド短編集「犬の人生」から「更なる人生を」 [最近読んだ本]

犬の人生 (中公文庫)

  • 作者: マーク ストランド
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 文庫

「更なる人生を」

三冊目の本を書こうとするが書けない焦燥のまま死んでいった父親への想い。草原の蝿や乗っていた馬、あるいは恋人に父親の再来を錯覚する筆者。それほどまでに父の焦燥というものは子にとって印象深いものだろうか?五木寛之も子供の頃目にした父親の焦燥や嘆きについて書いていた。

10年何も書かないで暮らせる小説家がほんとに居るのか疑問だが、メインの広々した空間や蝿の飛び回る描写は好きだな。

 

ウォーミングアップ1.5キロ  10.0キロ 52分30秒  クールダウン1.5キロ


トラックバック(0) 
共通テーマ:

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。