So-net無料ブログ作成

能郷白山(1617m)4月21日イワウチワ花の径、猿も木から落ちた・・・ [山行2008年]

やっとお天気が安定し、久しぶりの山歩きに出かけました。
何処にしようかな?伊吹北尾根?う~ん やっぱり美濃の盟主にご挨拶。

能郷谷ゲート6:40~登山口7:40~1160m看板付近8:40 撮影&休憩 9:20~前山10:30~山頂11:50

山頂13:30~登山口16:10~能郷谷ゲート17:30  (往復約20キロ)



ゲートに到着すると単独の方が準備中、東京からみえたそうです。まだ準備がかかるらしく先に行かせて頂く。
ゲートから新緑の道をいくらも行かないうちに酷い落石、重機でないと動かせそうにない落石帯が100mほど続く。鍵を開けて入ってもここは車通行不可能です。
080421-2s-500-DSC_0003.jpg
一時間歩いてやっと登山口、渡渉地点はかなりの水量、やっぱり雪解けのピークですね。
080421-2s-500-DSC_0004.jpg
暑いのでウールシャツを脱ぎ長袖アンダーになる、それでも汗が噴出す。最初の急登は相変わらずきついです。
080421-2s-500-DSC_0007.jpg
タムシバがぼちぼち咲いてました。ウグイス、ヤマガラ、コガラが鳴きカケスが飛び交う径は気分がいい。
080421-2s-500-DSC_0013.jpg
1000m付近ではイワウチワが咲きみだれ目を奪われます。全く進めない・・・休憩&撮影タイムとします。
080421-2s-500-DSC_0016.jpg
080421-2s-500-DSC_0027.jpg

080421-2s-500-DSC_0028.jpg

080421-2s-500-DSC_0020.jpg
080421-2s-500-DSC_0029.jpg
080421-2s-500-DSC_0031.jpg
080421-2s-500-DSC_0040.jpg
前山付近は雪原でした。ザラメ雪は適当に堅く、踏み抜きもほとんど無い快適な歩行でした。
080421-2s-500-DSC_0039.jpg
最低鞍部到着、アイゼンとピッケルを準備。滑っても知れてると判っていても頂上直下100mの登りは緊張します。
080421-2s-500-DSC_0047.jpg
080421-2s-500-DSC_0046.jpg
12時前にピーク到着、霞んで見えなかった白山が僅かに見えました。
080421-2s-500-DSC_0048.jpg
新しい祠に御参りしてご飯♪あー腹減ったぁー。
080421-2s-500-DSC_0050.jpg
080421-2s-500-DSC_0051.jpg
昨夜の五目スシととんこつラーメン。ここまでアクエリアス500cc、お茶500ccを飲みました。
断熱シートを敷いてお昼寝、うとうとしていると東京の方がみえました。
このかた休日を利用しては、全国を歩いて回ってるそうで北アの山小屋事情やら南ア、長野の隠れた名峰などいろいろお話をしてくれました。13:30さてぼちぼち下山しますか。

20080421-01p.jpg
前山まで戻ってパノラマ撮影、人が歩いているとスケールがわかり易いですね。
080421-2s-500-DSC_0064-1.jpg
部分拡大

080421-2s-500-DSC_0073.jpg
080421-2s-500-DSC_0075.jpg

登山口 16:10着

渓流で水浴び、アンダーシャツを着替えた 気持ちよか~♪

17:30 車着 お疲れ様でした、東京まで気をつけてお帰り下さい、ではではまたどこかで!お先に失礼します!



根尾から本巣に向かって快調に飛ばしておりますと、左手山の枝がガサと揺れました・・・

おいおい警備員も置かずに木の枝打ちかぁ???

そう思った瞬間  ボテッ!と道に落ちてきたのは枝じゃなくて サルでした!@@

げー!間に合うか!おもいきり急ブレーキ!

なんとか轢かずに済みました ・・・ ほっ

こちらの気も知らないで サル君 ガン飛ばして山に帰って行った。



 


この記事は21日夜に全文書き込みが終了し『保存』クリックしたとたん記事管理ウィンドがフリーズ、どうやっても変化が無いので泣く泣く強制終了、やっぱり書き込み内容は全部飛んでました。ここで気力尽き、22日の朝思い出しながら再び書き込んだものです。

トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。