So-net無料ブログ作成

マークストランド「犬の人生」から「真実の愛」 [最近読んだ本]


犬の人生

犬の人生

  • 作者: マーク ストランド
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1998/10
  • メディア: 単行本



「真実の愛」というタイトルからどんな内容が書かれているのか?かなり期待して読んだ。

読み終わってみたらなんの感動も無く、見落としが無いかもう一度読んでみた。男女の出会い初期の心模様が描写されているにはいるが、それもそう上手い表現とも思えず、どう読んでもただ気が多くて飽き性な男の徒然であった。

だいたいの小説は最初つまらんと思っても、読んでいるうちに唸らされる部分というのが出てくるのだが、これに関しては何もなく終わってしまった。
君は何を期待して読んだのだ?と逆に問われているようにも感じる。

短編といえど、こんなに つまらん小説は初めて読んだ。


タグ:
トラックバック(0) 
共通テーマ:

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。