So-net無料ブログ作成

白山(2702m)登山 平瀬登山口往復 2008年6月17日 単独 [山行2008年]

白山(2702m)登山 平瀬登山口往復 2008年6月17日 単独

6月16日 夜、156号をタラタラ走って平瀬登山口へ。大白川線の途中でカモシカの子供に会った、カモシカを見るのは久しぶり。
満月に近い月夜、そのまま歩けるくらい明るい、木陰に車を入れて就寝。
御母衣ダム通過時点で13℃、今日も冬季シュラフを使った。


6月17日 4:30起床、天気は最高にいいが誰も来ない。


5:00平瀬登山口発~7:00大倉山避難小屋~9:20御前峰山頂着

10:00山頂発~11:30大倉山避難小屋(休憩)12:00発~13:30平瀬登山口着


080617-s-500-DSC_0004.jpg
日の射し始めた平瀬道を黙々と登る。長袖で出発したが日が昇ると、あっというまに汗でびちょびちょ。半袖に着替える。


080617-s-500-DSC_0030.jpg
大倉山避難小屋手前で早くも雪渓が出る。

ここで8本爪アイゼンを装着、雪渓トラバースは緊張するね。

080617-s-500-DSC_0059.jpg

以降、弥陀ヶ原に出るまで雪渓トラバースは沢山あったが、アイゼンが必要と感じた場所は避難小屋手前2箇所、避難小屋以遠4箇所であった。次の雪渓まで距離がけっこうあったりするので、なかなか悩ましい。下りはアイゼンをまめに着脱した。
080617-s-500-DSC_0064.jpg
踏み抜きトラップも・・・ブッシュモンキーで突破だゼ!イェィ!

080617-s-500-DSC_0029.jpg

ダケカンバの低木に混ざって桜のような樹があるな、と以前から気になる樹皮の樹があったのですが、今回は花が咲いてました。
ミネザクラのようですが、ほぼ森林限界まで生えていて稀な種類だと思う。

080617-s-500-DSC_0036.jpg
新芽が出始めたばかりのダケカンバ、空もとびきり青かった。

080618-s-800-20080618-1.jpg
080617-s-500-DSC_0033.jpg
20080617-1-1.jpg
080617-s-500-DSC_0035.jpg
20080617-2.jpg

080617-s-500-DSC_0038.jpg
カンクラ雪渓

弥陀ヶ原に出ると風が冷たく、また長袖に着替えた。
080617-s-500-DSC_0045.jpg
室堂ではヘリで運ばれた荷物が沢山置かれていた。

080617-s-320-DSC_0039.jpg
今日は人が居たので写真を撮ってもらった。他の人達も口をそろえて「白山にしては稀な天気に当たったね」と言っていた。

白山にしては 稀な日に やって 
  
  来たーーーーーーー!

080617-s-500-DSC_0040.jpg
080617-s-500-DSC_0048.jpg
往路、復路ともずっと北アが見渡せることは稀、いつもすぐ隠れてしまう剣がずっと見えていた。

帰り、大倉山避難小屋で休憩。カッコウが秒針でも見ながら鳴いてるんじゃなかろうか?と思うくらい規則正しく鳴いていた。
080617-s-500-DSC_0065.jpg
お昼過ぎの平瀬道を下って行く。暑い・・・。白水湖が近づくにつれ春ゼミの大合唱が大きくなる。
080617-s-500-DSC_0067.jpg

13:30 平瀬登山口到着。  山の神様、先週は救いがたい失敗をしながら、今日はこんなに良い天気にして頂きありがとうございました。今シーズンの運を使い果たした感があるのですが、今後ともよろしゅうに・・・。


時間があるので、白水の湯に浸かり156号をタラタラ帰る。

喉がやたら渇くので、この時期お約束の乳酸菌飲料を・・・今日はカルピスウォーターボトルアイスを買ってみた♪

パピコの親分みたいなこのアイス、吸い口をブチッとちぎり、吸ってみますと・・・

ムムム 乳酸菌が 体内に やって 


来たーーーーーーー!

おしまい








雑感:

煩雑になるので本文中には書かなかったが、最初の雪渓が現れた時、凄いスピードで追いついてきた若者が一人居た。

僕は「アイゼン着けるから、お先にどうぞ」と道を譲った。

彼は「行けるところまで行ってみます」と矢印を入れた写真の雪渓をノーアイゼンでトラバースしていった。

しかし、次の雪渓手前で彼は止まっていた。

さっきのトラバースのほうが厳しかったのに・・・彼の歩きを見ていた限り、行けそうなのになぁ・・・と思ったが、それは言わなかった。

黙って挨拶を交わし、僕は淡々と進んだ。

その後、彼を見てないので、きっと避難小屋手前で引き返したのだと思う。




避難小屋を越えたところで前泊5名パーティーが降りてきた。

「僕らがしっかりトレースをつけて来たからアイゼンは要らないよ」と言われた。

「それはありがとうございます」と言ってすれ違ったが、全く余計なお世話である。

確かによいステップが刻みこまれている部分もあったが、人は人、自分は自分である。

そのパーティーの言うことを鵜呑みにし滑落しても、言った人を責めることはできない。

その人が言ったことを信じるか信じないかの判断、自分の歩き方でアイゼンが要るか要らないかの判断、全ては自己責任である。


また、この時期は気温がぐんぐん上がり、雪渓上のトレースは数時間で溶けてしまう。

絶えず人が行き来するメジャーな登山道ならいざ知らず、この時期の平瀬道で先行者のトレースなど当てにできない。

ノーアイゼンでも95%安全にトラバースできる雪渓を、アイゼンを使って99%安全にするか?しないか?

スリップしても止める自信が有るのか?無いのか?


若者が正しいとか、パーティは間違っているとかの問題では無く、全ては自分の判断なのだ。
















トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。