So-net無料ブログ作成

映画『007 慰めの報酬』 [映画]

映画『007 慰めの報酬』観てきました。

前作を見ていないので、007もずいぶん変わったなーというのが第一印象。
恋人を殺した犯人を追っていて未知の悪組織に遭遇、壊滅作戦に変わって行くというのが今回の設定らしいが、007って元々諜報活動の映画で、復讐の映画じゃなかったよねぇ!?と思いながら観ていた。行動の動機が職務か?復讐か?では映画の性格が変わってくるものね。
ボンドが「死んだ人間は復讐しない」と言ったり、殺された親友の遺体をゴミ捨て置き場にポイ捨て、尊厳無視を咎められても「死んだ人間はそう思わないだろう」と言ったりするシーンがあり、?とも思った・・・復讐が精神を支配していると冷静な判断や行動が出来ない、冷静を保つための葛藤が生んだセリフや行動だったかもしれない。
ちと冷徹過ぎやしないか?と思いながらもド派手なアクションはしっかり楽しんできました。
この映画はこういう話としても、やっぱりお笑いあり、お色気ありの憎めない007の方が好きだなー・・・。

アクションの高速化が進む昨今、これでもか!というくらい更に高速化した結果、映画全体から滲むような「臭い」が薄れてしまったような気がしてならない。そういう点で『崖の上のポニョ』を思い出してみると、スクリーンの向こうで宮崎駿さんが「もういっかい元に戻ろうや」と微笑んでいそうに思える。


共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。